ドナーボランティア 例5

精子提供バンク 東京関東
この記事は約3分で読めます。

​ このページでは、ボランティア例として、実在する精子提供者について具体的にご説明しております。

精子提供者(ドナー) 幼少写真

精子提供バンク 東京関東

 あなたのお母さんは、どんな人でしたか?

​​

 面談では、精子提供者(ドナー)幼少時の容姿を、写真でご確認できます。

 男性不妊の旦那様に、似た子どもをご希望の際、ご参考にできます。

 一例として、面談では写真を手元に、次のようなことを一緒にするのが好きだったとお話ししております。

​​

ドナーコメント 1

​ 母は、ガーデニングや、友人を呼んでの食事が好きでした。

 私は物心がつく前から、そんな母の手伝っていました。

 気が付いたら、手伝いながら色々と好きにしゃべるのが、生活の一部になっていたという感じです。

 今になって思うと、伸び伸びと人を育てることを、一緒に教わっていたようです。

 また、もてなしと労り(いたわり)の心配りも、見習うことができました。

​​

 寝る前に、布団で横になりながら、絵本を読むのが好きでした。

 幼い体を母に寄せて、その温かさに安心を感じていました。

​​

 遊び疲れて、カーペットで眠りに落ちていると、知らない間に、暖かい毛布をかけてくれました。

 自然と、自分も同じように、母や家族へ接するようになりました。

​​

 私は、周りの子どもと比べて、特別に秀でたところはなかったです。

 そんな私に対しても、母は、それぞれの子どもの良さを分かってくれていました。

​ 「植物と同じように、子どもにもそれぞれの育ち方がある」と感じていたのかもしれません。

​​

ドナーコメント 2

​​ 小学一年生のころ、担任の先生がよく気にかけてくれたことを思い出します。

 その頃、お気に入りの花がありました。

 青紫色の花でした。

 その種を好きな先生に譲ってあげたこと。

 今でも覚えています。

 

 先生のことを、「お母さん」と呼び間違えることもありました。

 当時は恥ずかしかったのですが、今となっては、懐かしい思い出です。

 

 事故で一人息子を亡くされた方でした。

 だから、私のことを実の息子のように見ていたのかもしれません。

 よく可愛がり、気にかけてくれました。

(コメント終了)

 幼少時は、お母さんの影響が大きな時期です。

 写真を手元に、精子提供者(ドナー)から、お母さんと何を一緒にするのが好きだったかなどをお聞きもできます。

 それが、ご自身にとっての育てやすさを知る機会となれば、幸いです。

精子提供者(ドナー) 成人容姿

精子提供バンク 東京関東

 上の写真は女性イメージですが、ここでご紹介しているドナー容姿と似ています。

 みずみずしい肌、整った歯並びなどが似ている点です。

 生まれた女の子が大人になったイメージの、参考としてください。

 ドナー家族の容姿でいえば、提示写真を見たところ次の女性イメージがより近いです。

 目鼻立ちが、似ている点です。

精子提供者(ドナー) 家族写真

精子提供バンク 東京関東

 上の写真は、ドナー家族の女性イメージです。

 中央でグレーのタンクトップを着ている女性や、左手前のグレーパンツの女性をご覧ください。

 

 次の点が似ています。

  • 透明で、張りのある肌
  • 柔らかく丸みを帯びた、ヒップやバスト
  • キュッとくびれた、ウエスト

 面談時に、ドナー家族写真を提示している精子提供者もおります。

 生まれた女の子が大人になったイメージの、参考としてください。

タイトルとURLをコピーしました