プライバシーポリシー

この記事は約4分で読めます。

精子提供バンク東京関東のプライバシーポリシーについて、ご案内します。

基本的考え方

 非営利組織「精子提供バンク東京関東」では、メール・電話の窓口(以下「当窓口」という。)において提供するサービスの円滑な運営に必要な範囲で、当窓口を利用される皆様の情報を収集しています。

 ここでいうサービスとは、「当窓口による情報提供」及び「受付・面談・精子提供」を指します。

 なお、収集した情報は、利用目的の範囲内で適切に取り扱います。

収集する情報の範囲

 「受付」のご利用に当たっては、次の記入をお願いしております。

  • 年齢・性別 (必須
  • 生年月日・電話番号・氏名・住所 (任意) 

利用目的

 収集した情報は、当サイトが提供するサービスを円滑に運営するために利用します。

 また、案内を進める中で下さったご意見・ご感想は、今後の広報へ参考とさせていただきます。

利用及び情報提供の制限

 「精子提供バンク東京関東」では、次の場合を除き、収集情報を上記「利用目的」以外のために利用しません。また、第三者へ提供しません。

  • 法令に基づく開示要請
  • 不正アクセスへの対処
  • 利用者からの脅迫等の違法行為
  • その他特別の理由

ただし、個人が特定できないよう統計処理された、当サイトのアクセス情報については公表することがあります。

安全確保の措置

「精子提供バンク東京関東」は、次のために必要な措置を講じます。

  • 収集した情報の漏えい、滅失又はき損(こわれること)の防止
  • その他収集した情報の適切な管理

自己に関する情報の開示・訂正・利用停止

 開示等に必要な手続  当窓口ご利用時のメールアドレスでお申し付けくださるだけで、手続きが済みます。

 苦情の申出先  依頼者へご迷惑かけない仕組みづくりに、日々努めています。それでも万一、当窓口がご紹介した精子提供者・医療機関等とのトラブルが生じた場合は、当窓口へお申し出ください。

 

 開示を求められたときは、遅滞なく開示します。

 また、内容に誤りがあるときは、本人からの求めに応じて、訂正・削除します。

 「保有個人データを、利用目的の制限や適正取得の義務に反して取り扱っている」との理由で、利用の停止・消去を求められた場合は、違反是正に必要な限度でそれを行います。

ここで、改正個人情報保護法(平成29年に施行)を踏まえ、次の点を補足します。

【保有個人データ】  個人データのうち、開示・訂正等の権限を有し、6か月を超えて保有する情報のこと。

【個人データ】  個人情報をデータベース化した場合、そのデータベースを構成する個人情報のこと。例えば、アドレス帳を構成する氏名。

 

【個人情報】

 生存する個人についての情報であって、その情報に含まれる氏名・生年月日その他の記述等により、当該情報が誰の情報であるか識別できるもの。(つまり、組み合わせることでただ一人に特定できる情報)

 他の情報と容易に照合ができ、それにより個人が誰であるか識別することができるものも含む。

【要配慮 個人情報】
本人に対する不当な差別・偏見その他の不利益が生じないよう、取扱いで特に配慮を要する個人情報。

 これらを含む個人情報の取得には、原則として本人の同意が必要です。
(例)信仰、社会的身分、病歴、性的虐待を被った事実など

 

 開示・訂正等の求めは、裁判所に訴えを提起できる請求権です。

 本人は、事業者が保有する個人データの開示・訂正等を求めるため裁判所に訴えることができます。ただし、事前に事業者へ請求を行う必要があります。 

適用範囲

 本プライバシーポリシーは、当サイトのみに適用されます。

 関係医療機関 等における情報の取り扱いは、各組織の責任で行われます。

留意事項

 一部のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は、SNSの「ボタン」等が設置されたウェブサイトを閲覧した場合、それらを押さなくとも、そのサイトからSNSに対し、次の情報が自動送信されていることがあります。

  • ユーザーID
  • アクセスしているサイト等の情報

 詳しくは『SNSの利用者のみなさまへの留意事項』(個人情報保護委員会HP)をご覧ください。
 なお、当サイトで利用しているソーシャルメディア等サービスのプライバシーポリシー等は、各事業者サイト等でご確認ください。

プライバシーポリシーに関するお問合せ

 文字化けを防ぐため、半角カタカナ・丸数字・特殊文字は使用しないでください。全角文字をお使いください。
 お問合せは、次ページのメールアドレスへご送信ください。

窓口メールアドレス

タイトルとURLをコピーしました